海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミ で一緒に海外クルージングの世界へ。

グレイシャー湾  湾内クルージング Ⅲ

グレイシャー湾  湾内クルージング Ⅲ

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

マークの場所は寄港地、通過地の一部です。

グレイシャー湾口、バートレット、事務所の位置 - 奥行き100km、枝分かれの先に多くの氷河
グレイシャー湾 - 国立公園・内へ入るには、前もって許可と、湾に入る前に、管理事務所と無線連絡が必要。



最初は湾内、大きく北西へ枝分かれの奥地へ、今回は湾内の北へ真っ直ぐ延びる海域へのクルーズ、好天気に感謝、鯉のぼりで飾ったタカマミを撮り、最後に事務所のお勧め、ブラックベアーの生息地の近くへ錨泊。 見事、ヨットから熊ちゃんの姿を撮りました。


12日にグレイシャー湾へ入り、17日迄湾内でクルージング。 曇りの日はありましたが、好天に恵まれ、湾内で多くの枝分かれの奥地まで巡ることが出来、実にラッキーでした。
クルージング、特に目指した海域での雰囲気は、天候により、天地の差があります。 


説明は出来るだけ、差し控えてますので、宜しく。
多くの動物の様々な姿態にも多く出会えます。
画像の説明




画像の説明




水路は意外と狭く、多くの流氷へ注意しながら、奥地へ進みます。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




振り返った様子です。
画像の説明




この人、暢気そうですが、流氷で神経質になっているんです。
画像の説明




向かいの平たい、落ち込みの平らな氷河、台地のように見えました。 左からも落ち込んでます。
画像の説明




ご覧のように、氷を避けながら、奥へゆっくりと。
画像の説明




この人、どうして渋い顔?  先程から、これ以上奥へ行かないでと。
ヨットを止めて、周囲の撮影です。
画像の説明




画像の説明




向こうからやって来ました。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




流氷は小さく見えますが、この1個1個は、持てないぐらいの大きさです。
画像の説明




引き返し、事務所お勧めの、比較的安全な錨地で休みます。
画像の説明




明けた翌日も素晴らしい好天気です。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




大型の観光船を見掛けました。
画像の説明




あれ何だろう? と最初見たとき不思議でした。 鳥が1羽留まっているのはお判りですか?  では下の部分は?
画像の説明




ゆっくりと機走です。 
画像の説明




時間が止まった感じの時です。
画像の説明




注意していると、左右の小さい水路の奥にも、この様な台地のような氷河の落ち込み、が見えます。 早く走ると、色々の変化を、見逃します。
画像の説明




この様な光景を見ると、温暖化と共に、あの地の氷河が衰退する以前は、あの谷も氷で満たされていたなど、思ったりもします。
画像の説明




この氷河は、既に海面への落ち込みはなく、地上の途中迄のようです。
画像の説明




次6面:
好天候、最高の雰囲気に感謝して、タカマミのお祭りの舞をご披露します。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




無数の鳥の群れに出会いました。
画像の説明




画像の説明




後ろ髪を引かれながら、北水路からお別れです。
画像の説明




最後の夜を送る、事務所お勧めの錨地、ブラックベアーが多く生息する所へ向かいます。
画像の説明




画像の説明




湾内では、この様な光景に出会うことが多いです。
画像の説明




画像の説明




間もなく湾内、最後の錨地へ着きます。 
画像の説明




対岸に見える山の頂上を撮ってみました。
画像の説明




なんと直ぐ側の岸を、ブラックベアーが。 複数回眺めました。
画像の説明




ディンギーで最後の錨泊の姿を撮りました。
画像の説明




此の写真、多くの人に気に入って頂き、プリントで差し上げました。
画像の説明





a:1892 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional