海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミ で一緒に海外クルージングの世界へ。

フォトギャラリー・・アジア

アジアで出会った気になる、オフネ

ノルウエー生まれ。船齢100年越え。造船所のある地名が、ハガネ。 船名・HAGANES。
あのタイタニック号より古い。
最初はアイスランドの会社が、捕鯨船として建造。多くの国、オーナーを転々。
現在アメリカ人夫婦がクルー2人とチャーター船として運行。
画像の説明






釣合が取れてない感じの60M級チャーターボート。
画像の説明







画像の説明






オーストラリアから。 マリーナに係留しても、水さえ自給自足。さっぱりした中年の男性。
画像の説明






このカタマラン、お隣に係留。これでも、大海に出るには不十分とか。
画像の説明






ニュージランドから。 ペナン島までノンストップでこの服装?
画像の説明






日本からのヨット・リバティーが出港。
画像の説明






ジョホバル(JB)のスルタンが別荘へ御着きです。
専用の桟橋へ。
画像の説明






天気の良い時は、眩しいようなカラー。お帰りです。
画像の説明






この様なモーターボートでもやって来ます。4人乗って。周辺一帯を震わすような爆音を残し。
画像の説明






お帰りです。凄い雷の様な爆音を残し。
皆さん耳へカバーして乗ってました。
画像の説明






河の中では、この水上警察のボートが護衛です。
画像の説明






これは庶民の足。
画像の説明






河の中で錨泊し何日ものんびりしている人も。
画像の説明






早朝の釣り人。
画像の説明






河の中の一般的な釣りスタイル。
画像の説明






時々見かけます。 スピードを微速へ落とし通過します。
画像の説明






ティオマン島へのセーリングで見掛けた底引き漁船。
この漁船の船首の形が北欧で見掛けた、バイキング船にそっくり。
画像の説明






底引き漁船
画像の説明






ティオマン島東西海岸を結ぶ、フェリーボート。
画像の説明






ミャンマー国境に近い、スリン島で出会った海洋民族。 この中で少なくとも5人は生活してました。
画像の説明






インドネシアからの海洋民族。 スリン島で。
画像の説明






次の5面
タイ・プーケットで見掛けた、漁船、観光船の風景
画像の説明






画像の説明






画像の説明






画像の説明






画像の説明





a:1655 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional